こんな肌でも使えるの?

日焼け肌は?

日焼けをしている肌状態で脱毛を行うと火傷をする危険があるので絶対にやめましょう。
これは家庭用脱毛器だけではなく、エステサロンや脱毛クリニックでも同じように断られます。
光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素に反応するため、仮に脱毛を行うと毛だけではなく日焼けした肌にも反応してしまいます。
仮に日焼けをしてしまった場合は、最低でも1ヶ月以上待ち、肌の状態が戻ってから脱毛を行ってください。
そのため、夏に脱毛をするのであれば、日焼けをしないように気をつけないといけません。

日焼けをしないようにするためにも有効なのが日焼け止めクリームです。
日焼け止めクリームを使用することによって紫外線から肌を守り、日焼けを効果的に防ぐことができます。
その他にも日傘を使用したり、サングラスをかけたり、長袖を着用するといった工夫もいいでしょう。
また、日焼けはしていなくても長時間紫外線を浴び続けた場合、肌に大きな負担がかかっているので、きちんとスキンケアを行ってください。
肌トラブルを起こしてしまっては、脱毛ができなくなります。

そして、日焼けと同じようにホクロにも照射してはいけません。
ホクロに照射してしまうと強烈な痛みを伴いますし、火傷をする恐れもあります。
さらにガン化する危険もあるといわれているので注意しましょう。

 

Page top

 

脱毛エステサロン
全身脱毛